© 2016 by  COUNT Labor Consulting All Rights Reserved

キャリアアップ助成金・無期転換ルールについて

無期転換ルールとは??

無期転換ルールとは、平成24年8月に成立した「改正労働契約法」により、有期労働契約が5年以上を超えて更新された場合は、有期契約労働者(パートタイマーやアルバイトなど名称を問わず雇用期間が定められた(無期限ではない)従業員)の申し込みにより、期間の定めの無い労働契約(無期労働契約)に転換される、という雇用に関する新たなルールです。

キャリアアップ助成金とは??

キャリアアップ助成金は、最低6ヶ月雇用実績のある契約社員やパート社員を正社員に登用し、さらに6ヶ月継続雇用すると、該当者一人につき約28万円から72万円支給される(正社員化コース)というものです。

非正規雇用の労働者を雇用している企業様であれば是非申請をご検討ください。

キャリアアップ助成金の3つのコースとは?

​厚生労働省では、キャリアアップ助成金について、次の主な4つの助成金コースを用意しています。(平成29年4月現在)

キャリアアップ助成金 の主な4つのコース

 

  1. 「正社員化コース」:有期契約労働者等を「正規雇用労働者」または「直接雇用した場合」に助成

  2. 「人材育成コース」:有期契約労働者等に「一般職業訓練(Off-JT)」「有期実習型訓練(「ジョブ・カード」を活用したOff-JT+OJT)」「中⻑期的キャリア形成訓練(専門的・実践的な教育訓練)(Off-JT)」を⾏った場合に助成

  3. 「賃金規定改定コース」:すべてまたは一部の有期契約労働者等の基本給の賃金規定等を増額改定し、昇給した場合に助成

  4. ​「健康診断コース」:有期労働者等を対象とする「法定外の健康診断制度」を新たに規定し、延べ4人以上実施した場合に助成

いくらもらえるの??

正社員化コースの例(中小企業の場合)

 

①有期⇒正規:一人当たり57万円<72万円>

②有期⇒無期:一人あたり28万5,000円<36万円>

③無期⇒正規:一人あたり28万5,000円<36万円>

​< >は生産性の向上が認められる場合の額